外部ファイルの読み込み

トップ > PHP入門 > 外部ファイルの読み込み

目次

広告

WADAX
安心の365日電話サポート付きレンタルサーバーです。
ロリポップ!
月額263円からのレンタルサーバー。マニュアルも充実しています。

外部ファイルの読み込みについて

PHPでは、定数や関数の定義など、使い回しができるコードを分離して保存し、色々なプログラムから呼び出して使用することができます。

requireでの読み込み

require を使用すれば、プログラム実行前に指定したファイルを読み込むことができます。ここでは例として my_function.php を作成し、以下のコードを書いておきます。

<?php

function average($x, $y) {
  return ($x + $y) / 2;
}

?>

与えられた2つの値から平均値を求め、その値を返す自作関数を定義しています。他のプログラムからこのコードを使用する場合、require を使ってこのコードを読み込みます。具体的には以下のようになります。

<?php

require "my_function.php";

$number = average(2, 4);
echo "2と4の平均は{$number}です。";

?>

require("my_function.php"); によって my_function.php の内容が読み込まれるので、自作関数の average が利用できるようになります。

また、require_once でも読み込むことができます。使い方は基本的に require と同じです。

<?php

require_once "my_function.php";

$number = average(2, 4);
echo "2と4の平均は{$number}です。";

?>

require_once でファイルを読み込むと、一度読み込まれたファイルは読み込まなくなります。

includeでの読み込み

include を使用すれば、プログラム実行中に指定したファイルを読み込むことができます。

<?php

for ($count = 1; $count <= 5; $count++) {
  include "my_function" . $count . ".php";
}

?>

このようにすると、繰り返し処理の中で my_function1.phpmy_function5.php が読み込まれます。

また、include_once でも読み込むことができます。使い方は基本的に include と同じです。

<?php

for ($count = 1; $count <= 5; $count++) {
  include_once "my_function" . $count . ".php";
}

?>

include_once でファイルを読み込むと、一度読み込まれたファイルは読み込まなくなります。