PHPの概要

トップ > PHP入門 > PHPの概要

目次

広告

WADAX
安心の365日電話サポート付きレンタルサーバーです。
ロリポップ!
月額263円からのレンタルサーバー。マニュアルも充実しています。

PHPとは

PHPとは、HTMLへの埋め込み型プログラミング言語です。正式名称は「PHP: Hypertext Preprocessor」とされていますが、もともとは「Personal Home Page」の頭文字に由来して付けられた名前です。PHPはプログラムの結果をブラウザソフトに返す、いわゆるWebプログラミング(Webアプリケーションの開発)に利用されます。

Webプログラミングに使用される言語には、他にもPerl、Java、C言語などといった色々な種類の言語がありますが、PHPには

  1. 文法が比較的容易に覚えられる。
  2. データベースとの連携が容易に行える。
  3. Webアプリケーションの開発に特化している。
  4. エラーがあると画面に原因が表示されるので、原因を突き止めやすい。
  5. Apacheのモジュールとして実行すると、サーバーへの負荷が少なく実行速度も速い。

といった特徴があり、現在広く使用されています。

PHPでできること

PHPは、具体的には以下のようなアプリケーションを作成することができます。

この他にも、検索エンジンやRSSリーダーなど、その気になれば色々なものを作成することができます。

PHPのしくみ

ブラウザソフトで普通のHTMLページを閲覧する場合、Webページにアクセスすると、WebサーバーにあるHTML文章をそのまま送り返してきます。

それに対してPHPの場合、まずWebサーバーにあるPHPファイルに書かれたプログラムが実行され、その結果がHTML文章として送り返されます。つまり、プログラムによってそのときどきに表示する内容を変化させることができるのです。

PHPのしくみ

PHPの実行環境

PHPを利用してホームページを作成するには、PHPを実行できるサーバーを利用する必要があります。

最近は大抵のレンタルサーバーでPHPを利用することができますが、あらかじめ利用できるかどうか確認しておいてください。以下に、PHPを利用できるレンタルサーバーを挙げておきます。

PHPの開発環境

PHPは環境の整ったサーバーにファイルをアップロードしなければ動作しませんが、サーバーソフトとPHPをインストールすればWindows上でも実行することができます。プログラムの作成中、動作確認のために毎回サーバーにアップロードするのは面倒なので、Windows上で実行できるようにしておいた方が便利です。また、作りかけのプログラムをアップロードするとどんな問題が発生するか判りません。お手元のパソコンに開発環境を用意して、動作確認を行ってからアップロードするようにしましょう。

PHPの開発環境を整えるには、以下のページが参考になります。Apache(サーバーソフト)、PHP、MySQL(データベース)のインストール方法がそれぞれ紹介されています。

もしくはXAMPPを使用すれば、Apache、PHP、MySQLなどを一括してインストールしてくれます。XAMPPのインストール方法は後ほど紹介します。

また、PHPプログラムはテキストエディタで作成します。Windowsにはメモ帳というテキストエディタが付属していますが、最低限の機能しか無いエディタなのであまりお勧めはできません。できればもっと高機能なテキストエディタを導入しましょう。

ここでは、テキストエディタEmEditorの利用方法を紹介します。EmEditorのインストール方法は後ほど紹介します。